上映 MOVIES

SUB MENU

自由を我等に【ルネ・クレール レトロスペクティブ】 À nous la liberté

11月20日(土)、22日(月)、24日(水)、28日(日)、30日(火)上映

© 1931 ─ TF1 INTERNATIONAL ─ SOCIETE DES FILMS

日時

11月20日(土)、22日(月)、24日(水)、28日(日)、30日(火)上映

料金

【特別料金】一律¥1,400/UPLINK京都会員¥1,300/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)¥1,200/障がい者割引¥1,000 ※サービスデー適用外

詳細 DETAIL

【ルネ・クレール レトロスペクティブ】

チャップリン、小津安二郎、ジャック・ドゥミら世界の監督から敬愛された
映画の原点を作った巨匠ルネ・クレール監督没後40周年特別企画

まるでタイムトラベル!
映像と音楽が紡ぐ、リリカルなパリの下町ファンタジィの世界へ

■【ルネ・クレール レトロスペクティブ】全体スケジュールのご確認はこちら


●第1回ヴェネチア国際映画祭 最も楽しい映画賞受賞
●1931年度アカデミー賞美術監督賞ノミネート
●1932年キネマ旬報外国映画ベストテン第1位

成功した男と不器用だが心優しい男。
「自由」を求めた二人の友情と恋の行方

金持ちが支配し、機械化する社会への批判がこめられた大らかな風刺劇。ヴェネチア映画祭で絶賛されるも、ファシスト政権下のイタリアや、ナチス・ドイツなどで上映禁止処分となった。おもちゃ箱のような工場の美術はユニークで、お金が空中に舞うラストシーンは圧巻!チャップリンの『モダン・タイムス』にも影響を与えた名作。

【STORY】

刑務所仲間のルイ(レーモン・コルディ)とエミール(アンリ・マルシャン)は脱獄を企むも、要領の良いルイだけが成功。ルイは露店のレコード売りから巨大な蓄音機会社の社⾧にまで出世する。一方、刑期を終えたエミールは、偶然街で出会ったジャンヌ(ローラ・フランス)に一目惚れ。ジャンヌはエミールの工場で働いていた。ジャンヌの後をついて工場にたどり着いたエミールは、ルイと再会。ルイは自分の過去を知るエミールが疎ましく、厄介払いしようとするが…。

『自由を我等に』(1931年/84分/フランス/仏語/白黒・スタンダード)
監督・脚本・台詞:ルネ・クレール
出演:レーモン・コルディ、アンリ・マルシャン、ローラ・フランス、ポール・オリヴィエ
撮影:ジョルジュ・ペリナル
美術:ラザール・メールソン
音楽:ジョルジュ・オーリック
配給:セテラインターナショナル

※当館では2K上映となります