上映 MOVIES

SUB MENU

Kfc

9月6日(金)公開

©Le Binh Giang

日時

9月6日(金)公開

料金

一般¥2,000/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(18歳以下) ¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900/障がい者割引¥1,000

詳細 DETAIL

ニューヨーク・アジアン映画祭(2017:アメリカ)コンペティション部門 最優秀作品賞
ファイブ フレーバー・アジア映画祭 (2017:ポーランド)ニュー・アジア映画部門 最優秀作品賞
QCinema 国際映画祭(2017:フィリピン)パイロン賞ノミネート
アジアン・ネクスト・ウェーブ・コンペティション 最優秀作品賞
ジョグジャカルタ・アジアン映画祭(2016:インドネシア)最優秀作品賞

《ベトナム・ゴア》の狼煙が上がる!
終わりなき残虐×復讐×愛憎の物語 日本極秘公開!

ベトナム・ハノイを舞台に救急車で人間狩りにいそしむ医師、人肉中毒のその息子、 医者の犠牲になった売春婦の娘らが狂気と復讐の連鎖に陥いっていく様を、容赦ないゴア描写と共に描いた衝撃のカニバルリベンジ・ホラー

監督を務めたのは、本作が長編監督デビューとなるベトナム出身のレビン・ザン。 そもそもは映画学校の卒業制作として企画されていたが、脚本を読んだ大学側が「あまりに残酷すぎる」という理由で却下、ザン監督は退学の憂き目にあったといういわくつきの作品。
その後、名匠トラン・アン・ユンの後押しにより完成し、ニューヨークアジアン映画祭で最優秀賞を受賞したほかロッテルダム国際映画祭などの映画祭で上映され、血肉と腐臭にまみれた徹底したゴア描写と、狂気に満ちた世界観、そして緻密かつ挑戦的な構成で観客のド肝を抜いてきた。
なお、ベトナム国内では現在に至るまで劇場公開されていない・・・。

そんな衝撃作を連発するアジア発のホラー映画群より突如現れた、
狂乱のカニバルムービー『Kfc』 がついに日本上陸。

『Kfc』
(2016年/ベトナム/69分/R18+)
監督・脚本:レ・ビン・ザン
製作:レ・ビン・ザン、グエン・ホアン・ディエップ
出演:グエン・トニー、タ・クアン・チエン、ホアン・バー・ソン、チャム・プリムローズ
配給:MAP×Cinemago