上映 MOVIES

SUB MENU

愛のぬくもり

7月26日(金)公開

©2024「愛のぬくもり」製作委員会

日時

7月26日(金)公開

詳細 DETAIL

さよなら、俺。さよなら、私。

入れ替わりを生きた 男と女のロングタイム・グッドバイ

LGBTQという言葉が広く浸透した現代。映画『転校生』さながら体が入れ替わってしまう男女のドタバタ劇と同性愛者たちのデリケートな恋愛事情を絡ませた奇想天外な恋愛映画が完成した。

脚本・監督を務めるのは『海辺の恋人』『道で拾った女』『天国か、ここ?』など、昨年も複数の作品が劇場公開され、創作の勢いが止まらない奇才・いまおかしんじ。
主人公・たかしを演じるのは映画『銀平町シネマブルース』(監督:城定秀夫)や『酒癖50』(ABEMA)などの演技で再注目の俳優・小出恵介。たかしと体が入れ替わってしまう女・サトミを演じるのは2022年グラビアデビューを果たし、次世代グラドルとして数々の賞を総なめにした新星・風吹ケイ。たかしの妻役に谷崎潤一郎原作・映画『卍』の光子役で注目を集めた新藤まなみ。たかしとサトミを陰から見守るゲイのバー店主に田中幸太朗。そのほかの出演者に川瀬陽太、冨家ノリマサら味のある俳優が物語を支える。

セックスもジェンダーも超えた愛の形を温かな目線とユーモア溢れる筆致で描き出すいまおかワールド全開の一作となっている。

【STORY】

ね、手繋いで寝よう
明日こそ元に戻ってるかも
そうだといいね

小説家の辺見たかし(39)と美容師の横澤サトミ(24)は赤の他人。
ふたりはある日、街中でぶつかって階段から転げ落ち体が入れ替わってしまう。
その日からお互いになりきって、それぞれの生活を送るようになる。しかし、たかしもサトミもそれぞれに深刻な問題を抱えていた。

たかしは妻の由莉奈に最近男の影があることでやきもきし、レズビアンのサトミは同棲中の真紀から男ができたので別れたいと言われ大慌て。
なんとか事態を好転させたいが、周囲の人間が入れ替わりを信じてくれないのでうまくいかない。
そのなかで唯一ふたりの言うことを信じるのは、たかしを慕うバーのマスター・熊野だった。
熊野の励ましを受けて問題の多い互いの人生を歩き始めるふたり。

そして十年がたったある日、たかしとサトミは久しぶりに再会し、ある決断をする。
その表情はとても清々しく・・・。

『愛のぬくもり』
(2024年/⽇本/91分/カラー/ステレオ/R15+)
脚本・監督:いまおかしんじ
出演:小出恵介、風吹ケイ、新藤まなみ、荒木双葉、川瀬陽太、田中幸太朗、冨家ノリマサ、中嶌駿介、伊藤和哉、華岡稟、一ノ瀬紗那
配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト
配給協⼒:ミカタ・エンタテインメント