上映 MOVIES

SUB MENU

ホラー秘宝まつり 2024

8月30日(金)~開催

日時

8月30日(金)~開催

料金

【特別料金】一般¥1,600/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(18歳以下) ¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900/障がい者割引¥1,000

詳細 DETAIL

ホラー秘宝とは・・・

毎年、数多くの洋画、邦画を提供・配給しているレコード会社、キングレコードが贈る、映画ホラー・レーベル。ラインナップの質の高さに定評があり、毎年行われる映画祭「ホラー秘宝まつり」は、ホラー映画ファンのみならず、幅広い映画ファンからも一目置かれる存在。
昨年10周年を迎えたホラー映画祭が、11年目に突入。

【上映作品】

メサイア・オブ・デッド MESSIAH OF EVIL
(1973年/アメリカ/英語/90分/スコープサイズ) ※日本初公開


© MCMLXXⅢ by A V/M Production. All Rights Reserved.

凝った構図や色彩が実にアート!終始不穏なムード満載の先駆的ゾンビ映画!!

全編不気味なテイストのミステリアスなホラー。ゾンビ映画の先駆的作品で、目から赤い血を流す人間に近いゾンビが登場。人肉スプラッター描写はまだなく、アート色の強い実験的スリラーのような作りになっている。本作の監督・脚本のウィラード・ハイクとグロリア・カッツのコンビは、ジョージ・ルーカスに認められ、『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(84)の脚本を経て、『ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』(86)の監督・脚本に抜擢された。

【STORY】

アーレッティの父親は、ポイント・デューンと呼ばれる海沿いの小さな町で絵を描いていた。彼は娘に定期的に手紙を送っていたが、その内容が徐々に奇妙になり、やがて来なくなった。心配した彼女は父を捜しに行くが、町の様子が何かおかしい。アーレッティは父の残した日記を発見、その町の奇怪な事態を知ることになる・・・。

監督・脚本:ウィラード・ハイク
製作・脚本:グロリア・カッツ
出演:マイケル・グリーア、マリアンナ・ヒル、ジョイ・バン、アニトラ・フォード、ローヤル・ダーノ、エリシャ・クック・Jr.、ウォルター・ヒル


デリリウム DELIRIO CARDO
(1972年/イタリア/イタリア語/102分/ビスタサイズ)※日本初公開


© 1972 G.R.P. CINEMATOGRAFICA

ジャーロにSM・レズビアン要素を盛り込んだ、淫靡で異常なエロスの世界!

ストーリーは正直破綻しまくりだが、それを補う意表を突いた展開・演出は見ごたえ十分。

【STORY】

人望の厚い心理学者のリュータック教授は性的不能者だったが、妻マルツィアとは互いに深く愛しあっていた。しかし、教授はそのことに苦悩し、やがて若い女性をつけ狙う殺人者と化していく。それに気付いたマルツィアは、警察の目をごまかすために自らも凄惨な犯罪に手を染めていくのだった…。

製作・監督・脚本:レナート・ポルセッリ(ラルフ・ブラウン)
出演:ミッキー・ハージテイ、リタ・カルデローニ、タノ・チマローサ、ラウル・ラヴッチオ、カルメン・ヤング、クリスタ・バリモア


悪魔のしたたり BLOODSUCKING FREAKS
(1976年/アメリカ/英語/89分/ビスタサイズ) ※日本初公開


© Troma Entertainment, Inc.1976

変態描写しかない!変態しか出てこない!これぞ変態ホラーの決定版!!

誘拐し拉致した女たちを裸にしてひたすら拷問し殺しまくる変態エログロ映画の決定版。世に数多く存在するZ級映画の中でも本作の変態度は間違いなくトップクラス!脳みそをストローで吸う変態医師、変態悪徳刑事などキャラクターも変態しか出てこない。観たらトラウマ必至のトラッシュ・ムービー代表作!

【STORY】

ニューヨークのシアターで、サルドゥと彼のアシスタントが、若い女性の拷問と切断を行う奇術ショーを上演する。観客はそれが単なる見世物だと思っていたが、拷問も死もすべて本物の殺人ショーだった!

監督・脚本:ジョエル・M・リード
出演:シーマス・オブライエン、ヴィジュ・クレム、ナイルズ・マクマスター、ダン・ファウチ、アーニー・ピッシャー、ヘレン・トンプソン


【ホラー秘宝まつり 2024】
配給:キングレコード