上映 MOVIES

SUB MENU

アディクトを待ちながら

上映中~7月19日(金)以降続映未定

© 2024ギャンブル依存症問題を考える会

日時

上映中~7月19日(金)以降続映未定

料金

一般¥2,000/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900/障がい者割引¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

07.16

07.17

07.18

詳細 DETAIL

ギャンブル依存症、アルコール依存症、ゲーム依存症、薬物依存症、買い物依存症、ゲーム依存症・・・ 
実際の依存症者(アディクト)多数出演!依存症からの回復を題材とした衝撃の問題作!

依存症は一生治らない——
日本人の大多数はそう思っているだろう。政府やメディアが作り上げたイメージによって、多くの人が依存症を克服している事実を知らない。

主演の高知東生を始めとし、この映画には実際の回復を続けている依存症者、またはその家族を多数起用。リカバリー・カルチャーの重要な要素の一つである、チーム一丸となり病に立ち向かう姿は、さながら撮影隊が映画に臨む姿勢とオーバーラップする。
スリリングなラストの即興芝居は、依存症の苦難を本当に経験したキャスト陣による映画への挑戦である。
やめ続ける人。そして待ち続ける人々の生き様を丁寧に描いた、ナカムラサヤカ監督の最新作。

【STORY】
かわいそうじゃないんだよ。
​それは時が来るのを待った方がいいってこと。

数々のヒット曲を持つ大物ミュージシャン、大和涼が覚醒剤と大麻の所持で逮捕された。
人々は驚き、落胆し、大きなニュースとなった。

あれから2年。依存症患者らで結成されたゴスペルグループ「リカバリー」が音楽ホールでコンサートを開こうとしていた。
そのメンバーには大和の名前があった。あの事件以来、沈黙を守ってきた大和がついにカムバックする。
出演の知らせを聞いたコアなファンが続々と会場前に集まった。薬物、ギャンブル、アルコール、買い物、ゲームといった依存症者で構成される依存症ゴスペルグループ「リカバリー」。

メンバーたちは互いに支え合い、スリップ(依存性物質に再び手を出すこと)することなくコンサートにこぎつける。
しかし、大和は開始時間を過ぎても現れない。

逃げたのか?それともスリップ?果たしてコンサートは開催できるのか———。

『アディクトを待ちながら』
(2024年/日本/82分/G/ビスタ/カラー/5.1ch)
監督・脚本:ナカムラサヤカ
出演:高知東生、橋爪遼、宍戸開、升毅、青木さやか、中村優一、松村ひらり、中山夢歩、下田大気、塚本堅一、武藤令子
配給:マグネタイズ
配給協力:ミカタ・エンタテインメント
制作協力:スパイスクッキー
製作:ギャンブル依存症問題を考える会