上映 MOVIES

SUB MENU

角川シネマコレクション 松田優作の狂気

6月21日(金)~開催

©KADOKAWA

日時

6月21日(金)~開催

料金

一般¥1,600/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(18歳以下) ¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900/障がい者割引¥1,000

リンク

詳細 DETAIL

松田優作の生誕75周年を記念特集上映

1973年「太陽にほえろ!」で鮮烈なデビューを飾り、邦画各社で幅広いジャンルの主演作を大ヒットさせた日本を代表するスター・松田優作
生誕75年、没後35年を迎えた現在も、彼の迫力ある演技と強烈な個性は多くのファンを魅了し、「ONE PIECE」の元海軍本部大将クザン通称「青キジ」のモデルとなるなど幅広い分野のカルチャーに影響を与え続けています。
初上映となる『蘇える金狼 4K デジタル修復版』ほか、『野獣死すべし』、『人間の証明4K デジタル修復版』、『探偵物語 4K デジタル修復版』、『ひとごろし』、『嵐が丘』の計6作品をデジタル上映致します。※当館は2K上映

生誕75周年を迎えた伝説のスターが、日本、そして韓国のスクリーンで蘇ります。

【上映作品】

蘇える金狼 4Kデジタル修復版★初上映 ※当館は2K上映
(1979年/日本/132分/カラー/ビスタ)


©KADOKAWA 1979

優作が二面性を持つダークヒーローを演じた大ヒットアクション大作
大藪春彦の同名小説を村川透監督とのコンビで映画化。撮影前にハワイで射撃訓練を受けた優作のガンアクションに注目!

【STORY】

東和油脂に勤める朝倉哲也は、会社では真面目で地味な社員を装っていたが、私利私欲を貪る経営陣に代わって、会社の乗っ取りを企てる一匹狼の反逆者だった。
密かに体を鍛え、銃の腕を磨いた彼は、銀行の金を強奪し、情報源として上司の愛人を手懐け、巨大組織に挑む。

監督:村川透
出演:松田優作、風吹ジュン、佐藤慶、成田三樹夫、千葉真一
原作:大藪春彦 
脚本:永原秀一


野獣死すべし
(1980年/日本/118分/カラー/ビスタ)


©KADOKAWA 1980

優作の殺気迫る演技に圧倒されるハードボイルド・アクション
大藪春彦原作、村川透監督映画化第2弾。
10kg以上減量し、頬がこけて見えるよう上下4本の奥歯を抜いた、優作の徹底した役作りが話題に。

【STORY】

優れた頭脳と射撃の腕を持つ伊達邦彦は、通信社の記者として世界各地の戦場を渡り歩いた後、退社した今は優雅な生活を送っていた。
ある日、大学の同窓会に出席した彼は、ウェイターの青年・真田に自分と同じ野獣の血を感じ、銀行襲撃計画の仲間に誘う。

監督:村川透
出演:松田優作、鹿賀丈史、室田日出男、小林麻美
原作:大藪春彦
脚本:丸山昇一


人間の証明 4Kデジタル修復版※当館は2K上映
(1977年/日本/133分/カラー/ビスタ)


©KADOKAWA 1977

豪華スターの競演と大規模なNYロケが話題となったサスペンス大作
『犬神家の一族』に続く角川映画第2弾。優作は過去のトラウマを抱える刑事を熱演。

【STORY】

ホテルの最上階に向かうエレベーターの中で、ナイフで胸を刺された黒人青年が死亡した。その日、最上階では、有名デザイナー八杉恭子のファッションショーが開かれていた。
棟居刑事は、NYから来日した被害者が残した「ストウハ」という謎の言葉と古びた「西條八十詩集」を手がかりに事件の真相を追う。

監督:佐藤純彌
出演:岡田茉莉子、松田優作、ジョージ・ケネディ、三船敏郎、鶴田浩二
原作:森村誠一
脚本:松山善三


探偵物語 4Kデジタル修復版※当館は2K上映
(1983年/日本/111分/カラー/ビスタ)


©KADOKAWA 1983

薬師丸ひろ子&松田優作、2大スター共演で贈る青春ラブ・ミステリー
赤川次郎が薬師丸のために書き下ろしたオリジナルストーリーで、優作は真面目で責任感が強いが、尾行もうまくできないドジな探偵を演じている。

【STORY】

父親が待つアメリカへの出発を1 週間後に控えた女子大生・新井直美の前に、彼女のボディガード兼監視役として雇われた私立探偵・辻山が現れる。
ある日、2人は殺人事件に巻き込まれ、犯人探しに奔走するうちに、2人の関係も変化していく・・・。

監督:根岸吉太郎
出演:薬師丸ひろ子、松田優作、秋川リサ、岸田今日子、財津一郎
原作:赤川次郎
脚本:鎌田敏夫


ひとごろし
(1976年/日本/82分/カラー/スタンダード)


©KADOKAWA 1976

山本周五郎原作、優作のユーモラスな魅力あふれる時代劇初主演作
「太陽にほえろ!」で注目を集めた後、出演作としては珍しい時代劇で、臆病な侍という役に挑戦した優作の意欲作。

【STORY】

武芸はまるでダメ、饅頭が好物で犬嫌い、ひどく臆病な福井藩の若侍・双子六兵衛。そんな彼が一念発起して、誰も引き受けない上意討ちの旅に出る。
相手は、藩お抱えの武芸者で、剣と槍の達人、仁藤昂軒。どう見ても勝ち目のない勝負に、六兵衛が取った奇想天外な方法とは?

監督:大洲齊
出演:松田優作、丹波哲郎、高橋洋子、五十嵐淳子
原作:山本周五郎
脚本:中村努


嵐が丘
(1988年/日本/132分/カラー/ビスタ)


©KADOKAWA 1988

エミリー・ブロンテ原作の舞台を日本の鎌倉時代に置き換えた時代劇
巨匠・吉田喜重が構想に28年かけて映画化。優作は能の立ち居振る舞いを取り入れ、1人の女性を一途に愛する狂気の男を好演。

【STORY】

火の神を祀る山部一族の東の荘の当主・高丸は、都から異様な容貌の童子・鬼丸を連れて帰る。下男として仕える鬼丸に、高丸の嫡子・秀丸が嫉妬する一方、秀丸の妹・絹は惹かれていく。
絹は京で巫女となる運命を覆し、西の荘の嫡子・光彦に嫁ぐことを決意するが・・・。

監督・脚本:吉田喜重
出演:松田優作、田中裕子、名高達郎、萩原流行、三國連太郎
原作:エミリー・ブロンテ


【角川シネマコレクション 松田優作の狂気】
配給:KADOKAWA