上映 MOVIES

SUB MENU

夜の外側 イタリアを震撼させた55日間 Esterno notte/Exterior, Night

8月9日(金)公開

©2022 The Apartment – Kavac Film – Arte France. All Rights Reserved.

日時

8月9日(金)公開

詳細 DETAIL

第75回カンヌ国際映画祭 カンヌ・プレミア部門出品
第68回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞4部門受賞 最優秀監督賞、最優秀主演男優賞[ファブリツィオ・ジフーニ]、最優秀メイクアップ賞、最優秀編集賞

第75回カンヌ国際映画祭カンヌ・プレミア部門出品
国家を揺るがした大事件を巨匠ベロッキオが描いた一大巨編!!

イタリアが世界に誇る巨匠マルコ・ベロッキオが、
ヨーロッパ現代史上、類を見ない大事件「アルド・モーロ誘拐事件」を題材に、
壮大な人間模様をフレスコ画のごとく描いた一大巨編。

340分の大長編にもかかわらず、2022年5月に開催された第75回カンヌ国際映画祭のカンヌ・プレミア部門で世界初上映。
各国のプレスから絶賛され、イタリア本国では5月、6月に前編後編に分けて劇場公開、その後秋には国営放送RAIで3夜に渡って放送され高視聴率を記録。イタリアのアカデミー賞と言われる第68回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では、17部門18ノミネートを果たし、監督賞、主演男優賞をはじめとした4部門を受賞した。

昨年のイタリア映画祭2023でアジア初上映された際には、観客から「ストーリーに引き込まれ、アッという間の3時間半!」「ベロッキオの最高傑作!」といった熱い声が続出した話題作が、満を持しての日本劇場正式公開となる。

1978年3月のある朝、元首相で、キリスト教民主党の党首のアルド・モーロが、極左武装グループ「赤い旅団」に襲われ、誘拐された。冷戦下で混迷を極め、“鉛の時代”と呼ばれていたイタリアで起きた国家を揺るがす大事件の裏側で、その時一体何が起こっていたのか?

傑作との誉れ高い『夜よ、こんにちは』(03)で、既に赤い旅団側から同事件を描いたベロッキオが、「すでに語られた物語には戻らない」という自身のルールを破り再び映画化

今なお謎多き事件を、“羅生門方式”とも言える6つの視点から再構築。モーロ自身、彼を父と慕う内務大臣コッシーガ、モーロと親交が深かった教皇パウロ6世、赤い旅団のメンバー、モーロの妻と家族たち・・・、エピソード毎に事件に関わった人物たちのそれぞれの視点で、史実にフィクションを織り交ぜながら、力強くも絢爛たる筆致で描き切った。

【STORY】
生きたいと願うことの何が狂っていますか?

1978年3月のある朝、戦後30年間にわたってイタリアの政権を握ってきたキリスト教民主党の党首であり、5度の首相経験のあるアルド・モーロが、極左武装グループ「赤い旅団」に襲撃、誘拐されてしまう。

世界が注目し、イタリア中が恐怖に包まれたその日から55日間の事件の真相を、アルド・モーロ自身、救出の陣頭指揮を執った内務大臣フランチェスコ・コッシーガ、モーロと旧知の仲である教皇パウロ6世、赤い旅団のメンバーであるアドリアーナ・ファランダ、そして妻であるエレオノーラ・モーロの視点から描く。

『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』 Esterno notte/Exterior, Night
(2022年/イタリア/イタリア語・英語/340分(前編:170分/後編:170分)/G/カラー/1.85:1/5.1ch)

監督・原案・脚本:マルコ・ベロッキオ
出演:ファブリツィオ・ジフーニ、マルゲリータ・ブイ、トニ・セルヴィッロ、ファウスト・ルッソ・アレジ、ダニエーラ・マッラ
原案:ジョヴァンニ・ビアンコーニ、ニコラ・ルズアルディ
原案・脚本:ステファノ・ビセス
脚本:ルドヴィカ・ランポルディ、ダヴィデ・セリーノ
配給:ザジフィルムズ