上映 MOVIES

SUB MENU

つ。 tsu

4月26日(金)公開

© 2023 佐賀映画制作プロジェクトチーム

日時

4月26日(金)公開

料金

一般¥2,000/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(18歳以下) ¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900/障がい者割引¥1,000

詳細 DETAIL

逃げてもいい、負けてもいい、
生きづらさを抱える全ての人に贈る「曇り空」の青春映画

タイトルの「つ。」とは佐賀の方言で「かさぶた」のこと。

ままならない日常から逃げ出した主人公が自分の居場所を求め、悩み、空っぽになって傷ついた先にできたかさぶた。そこには「傷を負うことが新しい自分をつくる」というメッセージを込めました。上手くいかない日常や、他人との比較、将来への不安など、本作は生きづらいと感じている全ての人へ向けた、逃げることや負けることを肯定する「曇り空」の青春映画です。

【STORY】

空っぽ。 そして、自由

佐賀県の片田舎に住む⾼校三年生、副島祐樹は大学受験を控え、上手くいかない人間関係や成績不振、出来の良い弟と比較される日々に悶々と焦りを募らせていた。そして迎えた大学入学共通テストでカンニングしたことがバレた祐樹は、全てを捨てて深い森へと逃げ込む。
そこで出会ったのは、自己責任の名の下に、押し付けられたルールのない世界で生きるために川の水を汲んで運び、山の獣を狩って自給自足の暮らしを営む数奇な人々のコミュニティ。野良妊婦のソル、コミュニティで生まれ育ち力比べだけに情熱を燃やすアキ、両親に愛されなかった心の傷を隠してセックスに逃げようとするサクなど欠陥だらけで変人揃いの曲者たちとの共同生活を通して、祐樹に少しずつ変化が見られていく…。

【佐賀映画制作プロジェクト「つ。」とは】

世界で活躍するプロの映画人と、
業界未経験の地元学生や佐賀県ゆかりのスタッフで共同製作した、
メイドイン佐賀の地域発信型ムービー

本作品は、「地域と都市のクリエイティブの垣根をなくす」ことをプロジェクト目標に、世界で活躍するプロの映画人と業界未経験の地元学生や佐賀県ゆかりのスタッフにより共同製作された⻑編映画です。全編佐賀県内ロケを行い、佐賀にゆかりのある人々がキャストとして出演しています。地方都市らしい日本情緒が溢れる、素朴でノスタルジックな佐賀の風景とともに織りなす日々の暮らし。その中で、主人公の繊細で痛々しい苦悩が描かれています。
「シン・ゴジラ」の助監督をはじめ国内外のCMやドラマを手がける監督・Ü Inoseがメガホンを取り、指導を重ねながら学生スタッフたちと共に作り上げた映画は、今までにない佐賀の魅力が溢れる作品となり、セビリアIndie映画祭で助演女優賞とアクション映画賞をW受賞、FICIMADにて最優秀映画編集賞、ARFF Paris International Awardsで最優秀作品賞、そしてMadrid Film Awardsの最優秀脚本賞など、世界各国の映画祭で高評価を得ています

『つ。』(2023年/日本/カラー/87分/PG12)
監督・脚本:Ü Inose(ユウ イノセ)
出演:山下万希、西谷星七、山田結月、石橋征太郎、長谷川テツ、大坪紗耶、真山俊作、高岡盛志郎、神山大和、青花美永久、Devkota Bishnu、青栁秀栄、築山尚矢、GAKU、古賀海、井手祐理、片渕奏汰
製作:佐賀映画制作プロジェクトチーム
配給:ミカタ・エンタテインメント