上映 MOVIES

SUB MENU

エリック・クラプトン : ライヴ・イン・サンディエゴ〜伝説の一夜 ERIC CLAPTON LIVE IN SAN DIEGO

上映中~4月19日(金)以降続映未定

©A PARALLEL 28 EQUIPE

日時

上映中~4月19日(金)以降続映未定

料金

【特別料金】一律¥2,200/UPLINK京都会員・UPLINK京都ユース会員・障がい者割引¥2,000 ※サービスデー適用外、回数券・招待券使用不可

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

詳細 DETAIL

天才×奇才
心揺さぶられる奇跡のライブが映像で甦る!
J.J.ケイルとの最後にして最高のコラボレーション

クラプトンとJ.J.ケイル 半生の想いがこもった史上最高の名演
魂をゆさぶれるライブを劇場で。

ギターの神様クラプトンが憧れ続けたアーティスト。
それが隠れレジェンドJ.J.ケイルだ。
派手な舞台を嫌ったケイルだったが、クラプトンがカバーしたAfter Midnightが、全米トップ20入り。その後、クラプトンがケイルの楽曲であるCocaineのリリース、ケイルの英国公演に飛び入り参加と、互いをリスペクトし絆を深めた二人。

その二人の最後にして最高のコラボレーションが、ライブ・イン・サンディエゴ
また、クラプトン、ドイル・ブラムホールII、デレク・トラックスによる個性が光るトリプルギターアンサンブル、スティーヴ・ジョーダン、ウィリー・ウィークスらが奏でるリズムの圧倒的安定感など、クラプトンの史上最高のライブと言われる所以だ。

ファン必見のライブを、迫力の映像とサウンドで味わって

エリック・クラプトンが2007年3月15日に米サンディエゴで開催したコンサート。
ドイル・ブラムホールⅡと、若手三大ギタリストの⼀人として当時注目され始めていたデレク・トラックスの2名をサイドギタリストとして起用した〈Doyle & Derek World Tour〉のうちの1公演であり、熱心なクラプトンファンの間で“21世紀最高のクラプトン・ライヴ”とも呼ばれている。
またこのコンサートでは彼が“最も影響を受けたアーティスト”として尊敬してやまない、今は亡きJ.J.ケイルを招聘。ケイルのオリジナル曲をクラプトンがカバーして大ヒットした「アフター・ミッドナイト」と「コカイン」を、J.J.ケイル、デレク・トラックス、ドイル・ブラムホールⅡとともに共演する。2013年にJ.J.ケイルはこの世を去るため、この公演は惜しくもクラプトンとケイル最後のステージ共演となった。
収録日:2007年3月15日
会場:米サンディエゴ、ペチャンガ・アリーナ

『エリック・クラプトン : ライヴ・イン・サンディエゴ〜伝説の一夜』(2016年/90分/5.1ch/イギリス/原題:ERIC CLAPTON LIVE IN SAN DIEGO)
監督:マーティン・アトキンス
出演者:エリック・クラプトン、J.J.ケイル、ドイル・ブラムホールⅡ、デレク・トラックス、ウィリー・ウィークス、スティーヴ・ジョーダン、クリス・ステイントン、ティム・カーモン、ミシェル・ジョン、シャロン・ホワイト、ロバート・クレイ
配給・宣伝:株式会社インター・アート・コミッティーズ/IAC MUSIC JAPAN