上映 MOVIES

SUB MENU

No.10 Nr.10

上映中~終映日未定

© 2021 GRANIET FILM CZAR FILM BNNVARA

日時

上映中~終映日未定

料金

一般¥2,000/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(18歳以下) ¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900/障がい者割引¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

04.15

  • No.10

    11:55—13:40

    【予告4分】

    19:40—21:25

    【予告4分】

    窓口販売

04.16

04.17

  • No.10

    11:55—13:40

    【予告4分】【水曜サービスデー¥1300】

    購入する

    19:40—21:25

    【予告4分】【水曜サービスデー¥1300】

    購入する

04.18

詳細 DETAIL

2021年ファンタスティック・フェスト
2021年タリン・ブラックナイト映画祭
2022年ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭
2022年オランダ映画祭
2022年ルクセンブルグシティ映画祭
2022年プラハ国際映画祭
2022年トランシルバニア国際映画祭
正式出品作品

『ボーグマン』の鬼才アレックス・ファン・ヴァーメルダム 第10回作品
油断大敵。世界中を大混乱に陥れた戦慄の巨大モニタリング・サスペンス。

衝撃作『ボーグマン』(2013)でカンヌ映画祭パルム・ドールにノミネート、第46回シッチェス・カタロニア国際映画祭でグランプリを受賞し、世界中を大混乱に陥れたオランダの鬼才アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督の記念すべき通算10作目の最新作。
不倫と復讐、自分は何者なのか。自身が舞台役者出身のヴァーメルダムは冷酷なまでの正確さで、主人公である役者ギュンターの人生を監視する。

『ボーグマン』で映画のジャンルを超越したヴァーメルダムは遂に『No.10』で物語という概念を突破、正体不明の域に到達した。この戦慄と衝撃、緊張が渦巻くサスペンスに満ちた作品がもたらすあまりのことに海外映画祭では「頭がおかしくなるほど素晴らしい。はやく観たほうがいい」「大胆さにあきれて、たまげた」「不気味で暗く、怪しく、そしてどうかしている」など騒然となり、世界中の映画評論家は言葉を失った。ヴァーメルダムは次のように語る。「脚本を書き始めるときは、これまでに行ったことのない領域にたどり着くべくシーンを次々と構築して配置する。『No.10』は終わりまでに、トーン、人員、ビジュアル、すべての点で、オープニングシーンから何光年も離れた場所にいる」。音楽もヴァーメルダムによるもので、土星人サン・ラーも羨むであろう宇宙ジャズともいうべき旋律が、何光年も離れた場所から奏でられる。

【STORY】
監視下の不貞。それは常に、目を光らせていた。

幼少期に記憶を失い、森に捨てられ、里親に育てられたギュンター。大人になった彼は舞台役者として生計を立て、共演者と不倫、一人娘は肺がひとつしかない突然変異だった。役者仲間の裏切りによって残酷な仕打ちを受けるギュンターは復讐を誓った。だがその先に、とてつもない驚愕の事実との対峙が待っている。

アップリンクによるストリーミング・マガジン【DICE+】にて『No.10』を紹介!
 記事はこちら

『No.10』(2021年/オランダ=ベルギー合作/101分/カラー/ビスタ/原題:Nr.10)
監督:アレックス・ファン・ヴァーメルダム
出演:トム・デュイスペレール、フリーダ・バーンハード、ハンス・ケスティング、アニエック・フェイファー、ダーク・ベーリング、マンデラ・ウィーウィー、リチャード・ゴンラーグ、ジーン・ベルヴォーツ、ピエール・ボクマ
提供:キングレコード
配給:フリークスムービー