上映 MOVIES

SUB MENU

Dance with the Issue:電力とわたしたちのダイアローグ

上映中~4月18日(木)

©︎ 2023 Dance with the Issue

日時

上映中~4月18日(木)

料金

一般¥2,000/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900/障がい者割引¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

04.17

詳細 DETAIL

生活を支えるエネルギーが危機に瀕している。
わたしたちにできることを考える90分。

最高気温38度。一昔前ならば赤道直下の国でしかあり得なかったような気温が今や日本の日常 になりつつある中、エネルギーの90%を輸入に頼り資源のない島国日本でエネルギー問題は、当たり前にあった安心安全な生活を脅かす課題になりつつある。とまらない値上げ、転じにくいクリーンエネルギー、安全保障と供給のバランス……八方塞がりな 日本のエネルギー問題。もはや誰かが作る制度では解決し難いほどに複雑なこの問題に、インタビューとダンスと対話を組み合わせた映像作品が新しい転換点をもたらす。

経済産業省、東京電力、自然電力、エネルギー専門のシンクタンクなど、業界の専門家から語られる様々な視点が浮かび上がらせる問題の本質と、コンテンポラリーダンスによる身体表現が、 観るものの思考を論理だけでなく感情的に揺さぶる。これからわたしたちに何ができるのか──? 映画とダンスというアートの力に触れ、自分や街と対話することで、未来はどう変わっていくのだろうか。

あなたとみつける未来

身近な問題とアートが組み合わさり街の対話を促す90分の体験。
電力課題という身近な問題を知り、ダンスという言葉にならないもので自分の想いに気づき、それを『隣の人(家族や友人や街の人)』に伝えることで、新しい未来の選択肢を見つける。

企業や地域の本質を引き出し映像化してきた監督田村祥宏。
彼が経済産業省、東京電力、そして自然エネルギー産業で実際に働くキーマンたちから、エネルギー問題ついて自分の言葉で語る本心を引き出すインタビュー映像。浮かび上がる電力を取り巻く実情に、東京2020開会式での振付も手がけたダンサー・振付家の大宮大奨氏による美しく雄弁な身体表現が加わることで、観るものの思考を新しい感覚に誘う。温暖化や気候変動を実際に体感する現代に生きる私たちの世界に何が起きているのか。戦後の復興、高度経済成長期から続く都市化や効率化を進めることで生まれる亀裂。立場ごとに信じるものが多様性を帯び、その課題は複雑にからみ合っている。インタビューによって導かれた事実と本音を耳にした時、自らに問う──「わたしはどうしたい?」。

『Dance with the Issue:電力とわたしたちのダイアローグ』(2023年/90分/日本)
監督:田村祥宏
出演:ダンサー:皆川まゆむ、大宮大奨、高見昌義、山中芽衣、龍美帆
インタビュー:山﨑琢矢(経済産業省)、平野彰秀(NPO法人 地域再生機構)、石橋雄司(東京電力ホールディングス株式会社)、山田純(会津電力株式会社)、真野秀太(株式会社 UPDATER)、上野貴弘(一般財団法人 電力中央研究所)、柳美樹(一般財団法人 日本エネルギー経済研究所)
配給:ブラックスターレーベル