上映 MOVIES

SUB MENU

NTLive『プライマ・フェイシィ』

8月19日(金)公開

©️Helen Murray

日時

8月19日(金)公開

料金

【特別料金】一般¥3,000/ユース(22歳以下)¥2,500/障がい者割引¥ 2,500 ※会員割引、サービスデー適用外、MTA未来チケット・回数券・招待券使用不可

リンク

詳細 DETAIL

男優位の社会で作り上げられた法律の問題点に切り込む
ジョディ・カマーによる一人舞台。

スージー・ミラー作の『プライマ・フェイシィ』は2018年グリフィン・アワード、2020年オーストラリア・ライターズ・ギルド・アワード、2020年デヴィッド・フィリアムソン・アワード(Outstanding Theatre Writing部門)などを受賞し、今年ハロルド・ピンター劇場で英国の初演を迎えました。ジョディ・カマーにとってはウエストエンドデビューとなる舞台です。

ジャスティン・マーティン(2017年の舞台『ジャングル』をスティーブン・ダルドリーと共に演出)が演出を務めるこの作品は、ロンドン・ウエストエンドのハロルド・ピンター劇場から撮影されたものです。ぜひこの機会に日本に居ながらにして英国の話題の演劇をお楽しみください。

【STORY】

レイプ犯の弁護を専門とする弁護士テッサは、自らも性的暴行の被害者になってしまう。


プライマ・フェイシィ“ = ※法律用語で「反証しないかぎり一応事実とされること」という意味


主人公テッサは若く優秀な法廷弁護士で、労働者階級から身を起こし、ひたすら戦い続けてトップクラスの弁護士になりました。しかし予期せぬ出来事で、彼女は家父長的な法の力、立証責任、モラルの境界線などといった法律と社会が抱える矛盾などに直面することになります。本作でジョディ・カマーは、感情や経験が社会のルールと衝突し引き起こす問題の核心に迫ります。

NTLive『プライマ・フェイシィ』(122分)
作:スージー・ミラー
演出:ジャスティン・マーティン
出演:ジョディ・カマー
上演劇場:ハロルド・ピンター劇場