上映 MOVIES

SUB MENU

恋のエチュード【生誕90周年上映 フランソワ・トリュフォーの冒険】 Les Deux Anglaises et Le Continent

7月29日(金)より順次公開

©Pierre Zucca

日時

7月29日(金)より順次公開

料金

《特別料金》¥1,600/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

詳細 DETAIL

『突然炎のごとく』の原作者ロシェの小説を翻案した、
もう一つの親密にして激しい三角関係の物語。トリュフォー自身、
本作を「傑作」だと考えていたといわれる。

20世紀初頭。パリ在住のフランス人青年クロードは、母の旧友である英国婦人の娘アンに誘われて、ひと夏をウェールズで過ごすことになる。英国でクロードは、アンの内気な妹ミュリエルと惹かれ合うようになるが……原作となったアンリ゠ピエール・ロシェの小説は、カトリーヌ・ドヌーヴとの別れが原因で鬱状態になったトリュフォーが、診療所に持ち込んだ唯一の書物だったとされる。ゆえにこの悲痛で美しい恋愛劇にも、彼の個人的感情が浸透している。本作はまた、レオーが初めてドワネル以外の重要な役柄を演じたトリュフォー映画でもある。

『恋のエチュード』(1971年/フランス/カラー/130分/原題:Les Deux Anglaises et Le Continent/デジタルリマスター版)
監督:フランソワ・トリュフォー
原作:アンリ=ピエール・ロシェ(Editions Gallimard)
脚色:フランソワ・トリュフォー、ジャン・グリュオー
撮影:ネストール・アルメンドロス オリジナル音楽:ジョルジュ・ドルリュー 
出演:ジャン=ピエール・レオー、キカ・マーカム、ステーシー・テンデター、
シルヴィア・マリオット、マリー・マンサール、フィリップ・レオタール
© 1971 LES FILMS DU CARROSSE/CINETEL