上映 MOVIES

SUB MENU

家庭【生誕90周年上映 フランソワ・トリュフォーの冒険】 Domicile Conjugal

7月29日(金)より順次公開

©MK2

日時

7月29日(金)より順次公開

料金

《特別料金》¥1,600/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

詳細 DETAIL

「ドワネルの冒険」第四弾。結婚し、長男をもうけたドワネルだが、
一家の大黒柱となるにはほど遠い未熟ぶりで……

「快活で可笑しいが、その背景に哀しみと思慕も感じられる映画」(ノア・バームバック)

「ドワネルもの」四作目にあたる本作においては、前作の最後で婚約したドワネルとクリスチーヌが結婚し、子どもをもうける姿が描かれる。しかしドワネルは家庭生活に落ち着くどころか、日本人女性と不倫するなど相変わらずフラフラとして頼りない。もっとも、彼の無責任ぶりのせいで一時は危機的状況に陥った夫婦関係も、最後には元の鞘に収まる。作中に散りばめられたゴダール、アラン・レネ、ジャック・タチ、ジョン・フォード、ジャン・ユスターシュ、ジャンヌ・モローらへのオマージュや目配せを探してみるのも一興。

『家庭』(1970年/フランス/カラー/97分/原題:Domicile Conjugal/4Kデジタルリマスター版 ※当館は2K上映)
監督:フランソワ・トリュフォー
脚本・台詞:フランソワ・トリュフォー、クロード・ド・シヴレー、ベルナール・ルヴォン
撮影:ネストール・アルメンドロス 音楽:アントワーヌ・デュアメル
出演:ジャン=ピエール・レオー、クロード・ジャド、松本弘子、バルバラ・ラージュ、
シルヴァーナ・ブラージ、ダニエル・ボーランジェ、ダニエル・ジラール、ダニエル・セカルディ、
ピエール・ファーブル、ジャック・ジュアノー、ジャック・リスパル、クロード・ヴェガ
©1970 LES FILMS DU CARROSSE/VALORIA FILMS/FIDA CINEMATOGRAFICA