上映 MOVIES

SUB MENU

エコー・イン・ザ・キャニオン Echo in the Canyon

6月3日(金)公開

© 2019 Echo In The Canyon LLC ALL. RIGHTS RESERVED.

日時

6月3日(金)公開

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900

リンク

詳細 DETAIL

豪華ミュージシャンの知られざるエピソードが満載!
彼らはみんなライバルであり仲間でもあった。
熱く刺激的だった60年代の音楽シーンが現代によみがえる

ドキュメンタリーとして異例の大ヒットを記録した音楽映画

60年代から70年代にけて多くのミュージシャンが暮らし、数々の名曲を生み出したウェストコースト・ロックの聖地、ローレル・キャニオンを巡るドキュメンタリー映画。
ハリウッドのナイトクラブ街から車で5分の場所に位置するローレル・キャニオン。そこは60年代から70年代にかけて数々のミュージシャンが暮らし、互いに刺激を与え合い、ウェストコースト・ロックというジャンルを作り上げた伝説の場所。ジェイコブ・ディラン(ボブ・ディランの息子)がホストとなり、リンゴ・スター(ザ・ビートルズ)、ブライアン・ウィルソン(ザ・ビーチ・ボーイズ)、エリック・クラプトン、ジャクソン・ブラウンなど超大物ミュージシャンたちへインタビューを行い、当時の音楽に影響を受けたベックやノラ・ジョーンズなど次世代のミュージシャンらによって数々の名曲が現代に蘇っていく―

本作の製作およびインタビュアーを務めたのは、自身もバンドやソロで活躍しグラミー賞受賞歴もあるジェイコブ・ディラン。彼の父であるボブ・ディランが作った曲「ミスター・タンブリン・マン」(65)で一躍ウェストコースト・ロックの代表格となったザ・バーズを始め、60年代に一世を風靡した数々のミュージシャンや名曲に敬意を込め、このプロジェクトを始動した。トム・ペティ、ブライアン・ウィルソン、リンゴ・スター、ミシェル・フィリップス、エリック・クラプトン、スティーヴン・スティルス、デヴィッド・クロスビー、グラハム・ナッシュ、ロジャー・マッギン、ジャクソン・ブラウンなど、60年代の音楽シーンを代表する豪華ミュージシャンたちにインタビューを行い、バンドや楽曲の背景を紐解きながらベック、ノラ・ジョーンズ、フィオナ・アップル、キャット・パワーといった次世代のミュージシャンたちとともに、ローレル・キャニオンで生まれた数々の名曲をアレンジしたトリビュートライヴおよびアルバムを作り上げていく。60年代当時、互いの音楽に影響を受け合い、呼応するように次々と名曲を生み出していったミュージシャンたちの関係性や、彼らの音楽に影響を受けた世代がまた新たな音楽を作り出す様子など、時代を超えてローレル・キャニオンで響き続けている“Echo(エコー)”が描かれている。

アメリカン・ロックの源流とも言える60年代のカリフォルニア・サウンドがいかに現代にも影響を与え続けているかを、音楽愛に溢れた視点で描かれる。また、本作はトム・ペティ生前最後のフィルム・インタビューとなった。

『エコー・イン・ザ・キャニオン』(2018年/アメリカ/原題:Echo in the Canyon/ビスタ/83分/5.1ch)
監督:アンドリュー・スレイター
脚本:アンドリュー・スレイター、エリック・バーレット 
出演:トム・ペティ、ブライアン・ウィルソン、リンゴ・スター、エリック・クラプトン、スティーヴン・スティルス、デヴィッド・クロスビー、グラハム・ナッシュ、ジャクソン・ブラウン、フィオナ・アップル、ベック、ノラ・ジョーンズ、キャット・パワー、ジェイコブ・ディラン
日本語字幕:渡邊一治
配給・宣伝:アンプラグド