上映 MOVIES

SUB MENU

グロリアス 世界を動かした女たち The Glorias

上映中~5月26日(木)

© 2020 The Glorias, LLC

日時

上映中~5月26日(木)

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900

リンク

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

05.18

05.19

05.20

05.21

05.22

05.23

05.24

05.25

05.26

詳細 DETAIL

二大アカデミー賞®女優がW主演で“伝説のフェミニスト”に挑む!
すべての女性が光り輝く、勇気と感動のエナジー・ムービー!

女性解放運動のパイオニアとして活躍したグロリア・スタイネムと活動家の仲間たちとの物語。若き日のグロリアを演じたのは、『リリーのすべて』でアカデミー賞®助演女優賞に輝いたアリシア・ヴィキャンデル。40代以降のバトンを受け継いだのが、『アリスのままで』で同賞の主演女優賞を受賞したジュリアン・ムーア。世代を超えた名女優の二人が、波乱に満ちた彼女の生涯をリレー形式で演じ切った。活動家の盟友には『アンテベラム』のジャネール・モネイや、『フォー・ザ・ボーイズ』のベット・ミドラーが存在感を放つ。監督には『フリーダ』のジュリー・テイモア。自由奔放で解放的なイマジネーションを駆使して、グロリアとその仲間たちの迸るドラマを描き尽くした。彼女たちの勇気があるから、いまの私たちがある──。パワフルで勇敢な闘いの軌跡が、すべての女性たちの明日をきっと励ましてくれる!

【STORY】
これは、彼女たちと、あなたの物語──

大学生でインドに留学をしたグロリアは、男性から虐げられている女性たちの悲惨な経験を聞き、帰国後はジャーナリストとして働き始める。だが、社会的なテーマを希望しても、女だからとファッションや恋愛のコラムしか任されない。そこでグロリアは高級クラブの「プレイボーイ・クラブ」に自らバニーガールとして潜入。その内幕を記事にして暴き、女性を商品として売り物にする実態を告発する。更にはTVの対談番組に出演するなど、徐々に女性解放運動の活動家として知られ始める。40代を迎えた頃は仲間たちと共に女性主体の雑誌「Ms.」を創刊する。これは、未婚女性=Missや既婚女性=Mrs.とは別に、どんな女性にも使える新しい敬称=Ms.として、全米各地の女性に受け入れられていく──。

『グロリアス 世界を動かした女たち』(2020年/アメリカ/英語/147分/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:The Glorias/G)
監督:ジュリー・テイモア
脚本:ジュリー・テイモア、サラ・ルール
出演:ジュリアン・ムーア、アリシア・ヴィキャンデル、ティモシー・ハットン、ジャネール・モネイ、ベット・ミドラー
字幕翻訳:髙橋彩
提供:木下グループ
配給:キノシネマ