上映 MOVIES

SUB MENU

フェルナンド・ボテロ 豊満な人生 BOTERO

上映中~5月19日(木)

© 2018 by Botero the Legacy Inc. All Rights Reserved

日時

上映中~5月19日(木)

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

05.18

05.19

詳細 DETAIL

世界中から愛されるアーティスト、フェルナンド・ボテロ
その素顔と、独創的で多幸感あふれる作品の数々に迫る傑作ドキュメンタリー!

世界で最も有名な存命の芸術家、フェルナンド・ボテロ。人間も静物もなぜだかみんなふっくら、ぷっくりと膨らみ、素朴でユーモアあふれる作風が愛される“南米のピカソ”だ。90歳のマエストロは現在も毎朝アトリエに通い、多幸感あふれる独創的な作品を生み出し続けている。本作では、幼い頃に父を失った貧しい少年が、闘牛士学校に通いながらスケッチ画を描いていた原点から、対象物をぽってりと誇張する“ボテリズム”に目覚め、《12歳のモナ・リザ》 のMoMA展示で一躍注目を浴びアート界の頂点へとたどり着いた軌跡を追いかける。一方でコロンビア出身という出自で差別され、ポップアートや抽象表現主義全盛期に具象画を描く頑なさを批判されたことも。愛息の死、自身の利き手の一部を失う悲劇など、精神的にも肉体的にも作家生命が危ぶまれた衝撃の過去が明かされる――。

なぜ、すべてをふくよかにするのか?
90歳の巨匠の素顔と“ボテリズム”の秘密に迫る!

かわいらしさとほのかな官能が同居する作品は世界中で愛されているが、ボテロの素顔はあまり知られてこなかった。
本作では、幼い頃に父を失った貧しい少年が、闘牛学校に通いながらスケッチ画を描いていた原点から、対象物をぽってりと誇張する“ボテリズム”に目覚め、アート界の頂点へとたどり着いた軌跡を追いかける。成功の陰にはコロンビア出身という出自で差別され、ポップアートや抽象表現主義が流行していた時期に具象画を描く頑なさを笑われていたとの証言が。そして精神的にも肉体的にも作家生命が危ぶまれた時期があったとの衝撃の事実が、涙と共に語られる。

二度と絵を描けないかもしれない。
幸せの絶頂からどん底へと落ちたボテロは、宝物を真正面から描くことで絶望から這い上がった。最高傑作《馬に乗ったペドリート》で復活を遂げたボテロは、彫刻の世界に挑戦する。波乱万丈の人生を一緒に歩いてきた3人の子どもたちやボテロの創作意欲を刺激するギャラリスト、作風に賛否両論の美術史家たちの証言も、ボテロの世界を浮かび上がらせる。

監督はカナダ・バンクーバーを拠点に活躍するビジュアルアーティストであり、バンクーバーの現代美術ギャラリーの元役員でもあるドン・ミラー。

2022年4月から四半世紀ぶりとなる大規模展「ボテロ展 ふくよかな魔法」がBunkamuraザ・ミュージアムなど全国3ヶ所を巡回予定

『フェルナンド・ボテロ 豊満な人生』(2018年/カナダ/英語・スペイン語/ビスタ/デジタル 5.1/82分/原題:BOTERO)
監督:ドン・ミラー
脚本:ドン・ミラー、ハート・スナイダー
出演:フェルナンド・ボテロ(本人)、フェルナンド・ボテロ・セア(長男)、リーナ・ボテロ・セア(長女)、ホアン・カルロス・ボテロ・セア(次男)、ルディ・キアッピーニ博士(キューレーター)、アナ・マリア・エスカロン(作家|キュレーター )、クリスチャン・パディラ(作家|キュレーター)、ルーカス・オスピナ(ロスアンデス大学美術・人文学部)、エドワード・サリバン博士(ニューヨーク大学大学院)、ミリアム・バジリオ博士(ニューヨーク大学芸術科学学部)、サンドロ・マンゾ(ギャラリー・ディレクター)、アドルフォ・アゴリーニ(マリアニ美術鋳造)、ソフィア・ヴァリ(アーティスト)、パトリシア・トンプキンス(ギャラリー・ディレクター)、ロザリンド・クラウス博士(コロンビア大学美術史考古学科)、シェン・キーラン博士(作家|キュレーター)、アクセル・スタイン(サザビーズ)、サンティアゴ・ロンドニョ(作家|芸術家)、ホアン・ゴメス・マルティネス(元メデジン市長)
製作:ジョー・タッカー、エリック・ホーガン、ドン・ミラー
編集:ハート・スナイダー
撮影:ヨハン・レグレー、ジョー・タッカー
音楽:デヴィッド・ベルトク
製作総指揮:リーナ・ボテロ・セア、ケリー・ボルサック、ジェン・ローフカンプ、ベッツィ・スタール、J・ジョリー
後援:コロンビア共和国大使館、インスティトゥト・セルバンテス東京
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム