上映 MOVIES

SUB MENU

GLIDE

1月21日(金)~1月27日(木)1週間限定上映

日時

1月21日(金)~1月27日(木)1週間限定上映

料金

【特別料金】一律¥1,500 ※各種割引、サービスデー適用外

リンク

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

01.21

01.22

01.23

  • GLIDE

    17:15—18:30

    【予告3分】【上映後舞台挨拶】登壇者:鈴木トウサ 監督(約15分予定)

    購入する

01.24

01.25

01.26

01.27

詳細 DETAIL

第21回TAMA NEW WAVE コンペティション 入選/ベスト女優賞
ゆうばりファンタスティック国際映画祭2021 ゆうばりホープ 入選

「私たち、このまま二人で生きていけるよね」
「うん」
「遥は本当にそれでいいの?」

兄・遥を演じるのは、続麻玄通(つづお・げんと)。演技未経験だったが、監督に見初められ主演に抜擢された。妹・祐希を演じるのは演劇ユニット「コンプソンズ」のメンバーであり、近年では映像作品にも積極的に出演を果たしている、つかさ。その存在感が評価され、第21回TAMA NEW WAVEではベスト女優賞に輝いた。弱冠23歳の鈴木トウサ監督による長編デビュー作。

【STORY】

バイト、たばこ、350㎜缶。
母からの電話、観葉植物、スケートボード。
二人の日常は次第にほつれ始める。

渋谷の街にひっそりと暮らす兄妹、遥と祐希。バイトや派遣の仕事をしながら二人だけでつつましく生活をしている。そんな中、二人は熱海旅行の計画を立てる。準備を進める兄・遥。しかし妹・祐希は次第に今の生活に疑問を持ちはじめる。

僕は渋谷の街に生まれ育ちました。この街には色々な人が色々な生き方をしているんだろうと思います。決して広い街ではありません。綺麗な街でも、整然とした街でもありません。雑多な人々が雑多なままで、ここにいます。
その雑多さの中に、一瞬の輝きが見えることがあります。その輝きを捉えようと、僕はこの映画を撮りました。
みなさんが映画館を出て、渋谷の街を再びみた時に、それが今まで以上に愛おしいものとして映ることを願います。

―鈴木トウサ(本作監督)

『GLIDE』(日本/カラー/72分/スタンダード/ステレオ)
監督:鈴木トウサ
出演:続麻玄通、つかさ、石山優太、奏衛、青柳美希、板山道、永山凛太郎
脚本:鈴木トウサ、中田森也
撮影:内田和宏
照明:Sebastian 銭解語
録音:馬原洋幸、三村一馬、高橋啓太
助監督:芝愛弥葉、稲生遼、大西諒
編集:鈴木トウサ、a.y!
整音:三村一馬
音楽:内田和宏
主題歌:gummyboy「Crystal」
配給・宣伝:イハフィルムズ