上映 MOVIES

SUB MENU

夜叉ヶ池 4Kデジタルリマスター版

12月17日(金)~12月30日(木)上映

©1979/2021 松竹株式会社

日時

12月17日(金)~12月30日(木)上映

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900

リンク

詳細 DETAIL

※当館では2K上映となります。

篠田正浩監督、坂東玉三郎主演の傑作が42年ぶりに蘇る!

幻想文学の礎を築いた泉鏡花の原作を、『梟の城』(99)や『スパイ・ゾルゲ』(03)などで知られる巨匠・篠田正浩監督が、1979年に取り組んだ意欲作。 当時歌舞伎界を一世風靡していた女方の坂東玉三郎が初めて映画に出演し、村に暮らす女性・百合と夜叉ヶ池の竜神・白雪姫の二役を演じて妖艶な世界を表現した。 公開から42年の時を経て、4Kデジタルリマスター版で蘇る。

海外ロケ&日本の特撮技術を駆使した圧巻の大洪水シーン!

日本の特撮技術の基礎を築いた特撮監督の矢島信男の指揮のもと、大船撮影所のステージを大改造して作ったセットで、50トンもの水を使い大洪水シーンを実現。 クライマックスの洪水シーンの撮影のために、ブラジルのイグアスの滝やハワイを始めとする海外ロケも敢行され、まさに圧巻の光景!

【STORY】

三国嶽のふもとの琴弾谷に、夜叉ヶ池の伝説の調査に来た学者の山沢(山﨑努)は、迷いこんだ池のほとりで、息を呑むほど美しい女性と出会う。 百合(坂東玉三郎)というその女性は、夫と二人で鐘楼守をしているという。 家に招かれた山沢は、かつての親友で、夜叉ヶ池の調査に出たまま帰らぬ晃(加藤剛)が百合の夫であることを知り驚愕する。 夜叉ヶ池には竜神が封じ込められていて、一日に三度鐘を撞かなければ竜神が再び暴れて洪水を引き起こし、村が流されてしまうため、鐘楼守をすることになったのだという。 しかし、ある出来事がきっかけとなり、平穏な日々が破られることになるのだった――。

『夜叉ケ池 4Kデジタルリマスター版』(1979年/124分)
監督:篠田正浩
出演:坂東玉三郎、加藤剛、山崎努、丹阿弥谷津子
原作:泉鏡花
脚本:田村孟、三村晴彦、篠田正浩
製作:杉崎重美、富沢幸男、中川完治
撮影:小杉正雄、坂本典隆
特殊撮影:矢島信男
音楽:冨田勲
美術:粟津潔、朝倉摂、横山豊
照明:飯島博
録音:平松時夫
調音:西崎英雄
編集:池田禅
助監督:熊谷勲
配給:松竹