上映 MOVIES

SUB MENU

『コレクションする女』+『パリのナジャ』【エリック・ロメール監督特集上映 六つの教訓話 デジタル・リマスター版】Bプログラム

7月23日(金)上映

©Eric Rohmer/LES FILMS DU LOSANGE

日時

7月23日(金)上映

料金

【特別料金】一般¥1,800/シニア(60歳以上)¥1,300/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員いつでも¥1,000/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900

詳細 DETAIL

優柔不断で、内向的で、自意識過剰な男たち。
奔放で、意地っぱりで、あっけらかんとした女たち。
パリの街角で、南仏のリゾートで、湖畔の避暑地で、
男と女はすれ違い、恋をする。

滑稽であるがゆえに貴く、凡庸であると同時に美しい、男と女の恋模様。のちに、80年代の〈喜劇と格言劇〉シリーズ、90年代の〈四季の物語〉シリーズへと成熟してゆく巨匠エリック・ロメールが、構想10年をかけ、いちばん最初に作りあげた連作が本特集〈六つの教訓話〉です。ふたりの魅力的な女性のあいだで翻弄されながら、運命の愛を求め、ひとりよがりの夢想と葛藤に思い悩む男たちの可笑しさが、6作品揃いました。

さらに〈六つの教訓話〉シリーズに加え、本特集では、「カイエ・デュ・シネマ」誌に映画批評を寄稿しはじめた頃の若きロメールが、ゴダール、シャブロルらと共に撮った才気あふれる短編6作品も上映いたします。

■【エリック・ロメール監督特集上映】全体スケジュールのご確認はこちら


Bプログラム

『コレクションする女』<六つの教訓>シリーズ第四話
(1967年/フランス/スタンダード/イーストマンカラー/87分/La Collectionneuse)

画廊のオープンを控えたアドリアンは、恋人からの誘いを断り商談のためサントロペへ。友人の別荘に滞在する彼は、そこで美しい少女アイデに出逢う。コレクションのように次々と男を引っかけるアイデに苛立ちながらも惹かれるアドリアン。南仏の色鮮やかな風景のもと、自由奔放な少女に振り回される男たちの姿がおかしみを誘う。撮影監督アルメンドロスがはじめて手掛けた35mmカラー長編。
★ベルリン国際映画祭銀熊賞

撮影:ネストール・アルメンドロス
出演:パトリック・ボーショー、アイデ・ポリトフ、ダニエル・ポムルール


『パリのナジャ』【劇場初公開!ロメール初期の短篇集2】
(1964年/フランス/スタンダード/モノクロ/14分)

ベオグラードで生まれ、アメリカに帰化した後、プルーストの研究という口実でパリに留学している“異邦人”ナジャ。世界中から多様な人々が集まる大学都市に暮らし、気分と興味の赴くまま、ベンシモンのスニーカーにボーダーシャツやチェックのワンピースを着こなして、映画館や美術館、公園を颯爽と歩きまわり、画家や作家たちとの一期一会の交流を楽しむ。しかし、彼女は知っている。この自由なすばらしい時間が永遠には続かないことを。

出演・台詞:ナジャ・テジック
撮影:ネストール・アルメンドロス



agnes b. x UPLINK京都
J’amie le Cinema! – 映画とアニエスベーの深い関係 –