上映 MOVIES

SUB MENU

男の優しさは全部下心なんですって

7月9日(金)~7月15日(木)上映

©️2021 Z.S.G.K

日時

7月9日(金)~7月15日(木)上映

料金

一般¥1,900/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,300/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900

詳細 DETAIL

人生、諸行常。

遊園地の跡地にできたショッピングモールのメリーゴーランドで働く宇田みこ。
好きになる男には常に本命がいて、“恋愛体質純情セカンド”状態の日々を送っている。 次々訪れる出会いと別れの中、日常と非日常の境界線も超え、 宇田みこの奮闘は続く・・・!
果たして宇田みこは愛する人の一番手になれるのか?

大学時代に制作した『からっぽ』(18)でPFFアワード2018のホリプロ・エンタテインメント賞を受賞したほか下北沢映画祭、 田辺・弁慶映画祭などに入選し、劇場デビューも果たした、のむらなお監督最新作!
新進気鋭の監督やキャストを輩出し続ける。 音楽×映画の祭典・MOOSIC LAB(ムージック・ラボ)から誕生した恋愛映画の人気作『おんなのこきらい』(14)『月極オトコトモダチ』(18)・・・そのちょっと歪な恋愛映画の歴史にまた新たな1本が誕生した。MOOSIC LAB 2019での上映時は、全7回の上映全てがSOLD OUTとなる人気を博した。今回は再編集を施した完全版としての上映となる。

のむらなお監督のポップでシニカル、毒っ気たっぷりの世界観を彩るべく、音楽・劇中歌・主題歌に“DJ 後藤まりこ”、劇中で強烈な印象を残す着ぐるみデザインに“なみちえ”ら各界のカリスマが集結。『悪の華』など大作も手がけるベテラン・早坂伸が撮影監督を務めた映像美も魅力の1つとなっている。また、キャスト陣も、オーディションてから抜擢された、長編映画初主演となる人気モデル・辻千恵がヒロインみこを熱演するほか、水石亜飛夢(『哀愁しんでれら」)、五味未知子(『サクリファイス』)、森蔭晨之介(新人)、田中俊介(『ミッドナイトスワン』)、田中真琴 (『VAMP』)、こだまたいち(『アイネクライネ・ナハトムジーク』)、安倍乙 (『幕が下りたら会いましょう』)、加藤才紀子(『もぐら』)、上田操(『根矢涼香、映画監督になる。』)、木口健太(『おんなのこきらい』)、そして大ベテランの原田大二郎など一癖も二癖もある面々が映画を彩る。

【STORY】

恋に落ちれば常に二番手(T_T)の宇田みと、24歳。
諸行無常の恋愛メリーゴーランドが今、回り出す一。

宇田みこ(辻千恵)は、遊園地の跡地にできたショッピングモールに残る、数時間に一回動くメリーゴーランドの受付をしており、受付時間外はゆるキャラくまの着ぐるみを着て、メリーゴーランドの前で風船を配っている。100%目の前の人のことを信じるみこは、その度に全力の愛で迎え入れるが、総じて男達は最後にはみこの前から去っていってしまう。そんな彼女についたあだ名は”恋愛体質純情セカンド”。誰かには誰かがいて、みこは誰かの唯一になれずに、メリーゴーランドに一人、回り続ける日々だったが・・・。

『男の優しさは全部下心なんですって』(2021年/72分/カラー/アメリカンビスタ/5.1ch)
出演:辻千恵、水石亜飛夢、森蔭晨之介、五味未知子、田中俊介、田中真琴、こだまたいち、安倍乙、木口健太、上田操、加藤才紀子/原田大二郎
監督・脚本・編集:のむらなお
音楽・劇中歌:DJ後藤まりこ
撮影:早坂伸(JSC)
録音・整音:柳田耕佑
着ぐるみデザイン・制作:なみちえ
ヘアメイク:田口彩華
衣装:杉本仁紀
スチール:福田啓道、みてぃふぉ
美術・小道具制作:門田亜里砂
制作担当:稲垣亮太
助監督:竹内亜蘭、門田亜里砂
グレーディング:有賀遼
企画・配給:絶好調ちっちゃいもの倶楽部
配給協力:SPOTTED PRODUCTION