上映 MOVIES

SUB MENU

MISS ミス・フランスになりたい! MISS

4月2日(金)公開

Julien Panié © Zazi Films / Chapka Films

日時

4月2日(金)公開

料金

一般¥1,900/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,300/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900

詳細 DETAIL

僕の夢はミス・フランス

学校で「自分の夢」を教室で発表した9歳の美少年アレックス。クラスメイトから冷やかされてその夢を封印。さらに両親を事故で失い自分を取り戻せなくなって青年になった彼は、夢を叶えた幼馴染のエリアスと偶然再会。エリアスに触発され、忘れかけていた自分の夢に向かって進むことを決意する。それは、男性であることを隠しながら「ミス・フランス」コンテストに臨む、という自分自身を取り戻すための挑戦でもあった…。

圧倒的な美貌のユニセックスモデルとして話題のアレクサンドル・ヴェテール初主演!

主演は、フランスで“ボーダーレスな美女男子モデル”として活躍しているアレクサンドル・ヴェテール。近年ではNetflixオリジナルドラマ「エミリー、パリへ行く」やAmazonプライムドラマ「マーベラス・ミセス・メイゼル」などに出演、モデルだけではなく俳優としての魅力もいかんなく発揮している。
監督・脚本は、俳優、脚本家、監督と多彩な才能を発揮するルーベン・アウヴェス。劇場映画の初監督作である『The Gilded Cage(仏題:La cage dorée)』(13未)は、ロッテントマトで88%Freshの高評価を獲得、本作が2作目の劇場公開長編映画である。俳優としては『イヴ・サンローラン』(14)や『あしたは最高のはじまり』(17)などに出演している。
本物の「ミス・フランス実行委員会」と提携、美しく華やいだ衣装や厳しい選考の内幕は必見!本当の自分を見つけ、殻を破って内面を磨くことが真の美しさへの一歩であることだと知り、きらびやかなコンテストの中で成長していく主人公。ありのままの自分を勇気をもってさらけ出し、その自分を受け入れる、まさにこの時代に相応しい、可憐でボーダーレスな映画が誕生した!

【STORY】

パリの場末にあるボクシングジムの手伝いをしているアレックス。ある日、アレックスの幼馴染であるエリアスがジムを訪問する。エリアスは幼いころからの夢を叶え、自信にあふれていた。両親を事故で亡くして以来自信を失っていたアレックスはそんなエリアスに触発され、自分の夢へ向かうことを決意する。
その夢とは「ミス・フランスになること」。アレックスの下宿先の、母のような存在である家主のヨランダをはじめ、ドラァグ・クイーンのローラやインド人のお針子など個性的な仲間たちに助けられ、挑戦が始まる。ローラに紹介された地区を仕切る“女王陛下”と呼ばれるボスからは「24時間、寝る時もコルセットを着けて、靴のサイズは普段より小さめの25.5センチ。ペタンコ靴は禁止、普段は12センチヒール、疲れたら8センチ(のヒール)。つけまつげと、谷間メイク。水着用に膨らみを隠す技も学んで」と厳しい指導を受ける。スポーツ選手のエリアスからは精神面を鍛えるアドバイスをもらい、めきめきと美しさをましていくアレックス。地区大会でも過酷な競争を乗り越え、夢が少しずつ現実になっていく…。
コンテストでの厳しい戦いの中にも夢だった美しく華やいだ衣装を纏い輝くアレックス。その中でも“真の美しさ”“本当の自分”を見つけようともがき悩んでいく。そして運命を変える時が訪れる。その時アレックスがとった行動とは…。

『MISS ミス・フランスになりたい!』(2020年/フランス/フランス語/スコープサイズ/5.1ch/107分/原題:MISS)
監督:ルーベン・アウヴェス
原案・脚本:ルーベン・アウヴェス
出演:アレクサンドル・ヴェテール、イザベル・ナンティ、パスカル・アルビル、ステフィ・セルマ
配給:彩プロ