上映 MOVIES

SUB MENU

青い、森

12月11日(金)公開

Ⓒ2020オフィスクレッシェンド

日時

12月11日(金)公開

料金

一般¥1,900/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア(60歳以上)¥1,300/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK京都会員¥1,100(土日祝¥1,300)/UPLINK京都ユース会員(22歳以下)いつでも¥900

詳細 DETAIL

第2回未完成映画予告編大賞 MI-CAN「平川雄一朗賞」受賞作品
星降る町の映画祭 2018 with CINEMA CARAVAN 正式出品作品

未来を担う、耽美派クリエイターが奇跡のコラボレーション!!
清水尋也×井手内創×内山拓也×原田郁子(クラムボン)

そこは山よりも高く、空よりもずっと遠いところ——。
「喪失」を経て残された者たちが、
それでもなお人を思い懸命に生きる“わたしたち”への物語。

企業の広告映像からharuka nakamuraを筆頭とするアーティストのドキュメンタリー、また村上虹郎やカトウシンスケを主演に迎えたMV等幅広く創作を続ける映像作家・井手内創と、「ヴァニタス」でPFFアワード2016観客賞、話題作「佐々木、イン、マイマイン」の公開が11月27日に控える内山拓也が共同監督を務め制作された予告編が、第2回・未完成映画予告編大賞において平川雄一朗賞とMI-CAN男優賞(野川雄大)を受賞し製作された一作。
出演には清水尋也(『ホットギミック ガールミーツボーイ』、『渇き。』、『ソロモンの偽証 前編・事件/後編・裁判』)、門下秀太郎(『人狼ゲーム マッドランド』、 『牙狼 GARO -VERSUS ROAD-』、『先に生まれただけの僕』)、田中偉登(『朝が来る』、『エール』、『孤狼の血』)、ら気鋭の若手俳優陣を迎え、製作される事になった。
また、 2018年に「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」 において一夜限りでショートバージョンが上映された後、本作に共鳴したミュージシャン・原田郁子(クラムボン)が書き下ろしによるエンディングテーマを提供。装いを新たに、最新バージョンとして全国順次劇場公開となる。

【STORY】

幼い頃に両親を亡くし、育ててくれた祖父をも失った波(清水尋也)は、祖父のある言葉だけを胸にしまい世界から心を閉ざしていた。しかし、志村(門下秀太郎)と長岡(田中偉登)と出会い、次第に心を通わしていく。高校最後の思い出に、 三人はヒッチハイクで北を目指す旅に出て、忘れがたい時を過ごす。そんな中、波が忽然と姿を消してしまい、歯車が大きく狂い出す。あれから4年の月日が経とうとしていた……。波は何故、そして一体どこへ? それぞれがもがき苦しんだ果てに、掴んだ景色とは……?

『青い、森』(2020/日本/カラー/ビスタサイズ/5.1ch/50分(予定))
監督:内山拓也(『佐々木、イン、マイマイン』)、井手内創
出演:清水尋也、 門下秀太郎、田中偉登、伊藤公一、岩崎楓士、山田登是
主題歌:原田郁子「青い、森、、」
エグゼクティブプロデューサー:神康幸
統括プロデューサー:利光佐和子
プロデューサー:田村菜摘、松永弘二
脚本:内山拓也
音楽:小野川浩幸
撮影:志田貴之
照明:疋田淳
録音:岸川達也
助監督:東條政利
美術:平原孝之
装飾:山本直樹
衣裳:松田稜平
ヘアメイク:寺沢ルミ
キャスティング:新江佳子
制作担当:篠崎泰輔
編集:井手内創
VFX:渡辺隆彦、柴亜佳里
整音:紫藤 佑弥
宣伝:平井 万里子
宣伝美術:寺澤 圭太郎  
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給協力:SPOTTED PRODUCTIONS
Ⓒ2020オフィスクレッシェンド